お風呂のリフォームをする際に、開口部として窓があります。

外とつながる窓ですから、すりガラスや、視線が通らないような加工がしてある窓です。

 

大きければそれだけ、開放感はありますよね。

 

 

ただ、その開放感を感じるためだけに大きめにしようとしていませんか?

 

 

 

 

お風呂という空間は、冬暖かく、夏はできるだけ涼しくというのが理想ではないでしょうか?

 

ただし、その理想というのは、しっかりと断熱処理がされているということが必要です。

 

ですが、窓というのは、1番外気が室内に影響しやすい箇所なんです。

 

 

また、今はどの家庭にもほとんど換気扇はついていることでしょう。

 

それであれば、換気目的という窓は不要です。

 

また、換気目的で窓を空けておくと、防犯上のリスクも上がります。

 

 

 

なので、お風呂の窓というのは、大きくする必要はそこまでなくて、したとしても必ず二重窓になるようにリフォームしてもらいましょう。

 

 

 

夏はそこまで影響しませんが、冬の寒さというのはお風呂場と、リビングでは10度くらい違う場合があります。

 

そうすると、ご高齢の方であればヒートショックとい急激な血圧の変動で倒れてしまったりもします。

 

 

窓からの寒さが入ってきやすいと、それだけ、湯船のお湯の温度も下がりやすくなります。

下がりやすいという事であれば、追い焚きをする可能性も上がりやすくなるので、光熱費も上がりやすくなります。

 

幸い、賃貸は別として、自家所有のお風呂であれば、窓単体の二重窓化などのリフォームはそこまで費用がかかりません。

 

また、お風呂のリフォームを抜本的に行う予定があるのであれば、窓の事や特に断熱性の事については、しっかり対策をしてもらうようにしましょう。

 

 

お風呂のリフォームやリノベーションも使いやすくオシャレに仕上げてくれる北九州のリフォーム業者がこちら!

 

 

 

 

 

 

 

SEO対策をして検索順位も上げてくれるようなWEBサイトを作ってくれる北九州のホームページ制作会社はこちら

  • お風呂のリフォームで機能いっぱい!でもそれ本当に使う?デメリットが大きいかもです?
  • 開放感のある大きな外窓!お風呂のリフォームでは注意しないと大失敗になる理由とは?
  • お風呂をリフォームするときの色の注意点を逃すと後々問題となる事がコレ!
  • お風呂のリフォーム/リノベーションをするキッカケについて
おすすめの記事