お風呂のリフォームや、リノベーションは、体感しやすい場所だったりするので、リフォーム後の満足率はかなり高い傾向にあるのではないでしょうか?

 

そのお風呂のリフォーム/リノベーションについて、行われる、行おうとするキッカケを紹介します。

主にリフォームとして考えてられている事

 

お風呂が古くてヒビが入っている

浴室から脱衣所に移動する箇所の床面が腐り始めている

浴室全体のカビや汚れがとれなくなってきている

排水口の流れがおかしい

お風呂の給湯システムが故障しておかしい

 

という感じが多いようです。

感覚としては、やむなくリフォームするというイメージ

 

 

主にリノベーションとして考えてられている事

 

家族が自己などで半身不随など身体的な障害をおってしまう。

父親、母親の老齢化による事故防止のリノベーション。

同居人などが、状況がかわり人数が変わる。

風呂場の断熱効果を高め、浴室空間の高機能化による、温度差による血圧の急変動事故防止。

仕事やリフレッシュする空間としての価値を付加する目的でのリノベーション。

 

といったようなことが上げられます。

リノベーションもやむなく行わざるをえないという所はありますが、その為に従来では備えていなかったような介護や介助の為のしくみを取り入れたり、または、お風呂をただ身体を綺麗にする場所というだけではなく、仕事の効率を上げるための睡眠前のリラックスルームという扱いなど、 浴室+何か という感じのプラスアルファといった感じが多いようです。

 

 

生活におけるお風呂の役割の変化や個別の考えの違い

これは、お風呂に限ったことではありませんが、様々なサービス、物、事柄、に対して、強い想いがある方と、

そうでなくて、ただの作業を行うだけの場所と割り切っている人など、考え方は千差万別です。

 

リフォームとしての場合が、ややお風呂は体を洗うためだけの場所という割り切り感があるように思えます。

 

逆にリノベーションとして行うというのは、お風呂をたんなる体を洗う場所というだけではなく、生活、または人生における1つの休息のあり方を提供してくれる場所というようなとり方が強く感じられます。

 

これまでの総中流家庭といったものは、なくなり、だんだんと個人のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の多様化というのが進んでいくでしょう。

 

 

QOLをあげてくれる事をしっかり考えてくれる北九州のリフォーム業者で口コミ評価評判が高いサイトがこちら
至る所にバーチャルリアリティな画像が掲載されてありますよ。

北九州でホームページを制作するならここが安くてオススメ

 

  • お風呂のリフォームで機能いっぱい!でもそれ本当に使う?デメリットが大きいかもです?
  • 開放感のある大きな外窓!お風呂のリフォームでは注意しないと大失敗になる理由とは?
  • お風呂をリフォームするときの色の注意点を逃すと後々問題となる事がコレ!
  • お風呂のリフォーム/リノベーションをするキッカケについて
おすすめの記事