お風呂のリフォーム・リノベーションの費用を下げる&失敗しない方法

お風呂を新しくするという事の為にはまず何のためにどういうリフォームが必要なのかを洗い出す必要があります。

 

お風呂にかぎらずリフォームは目的があいまいになると、購入するお風呂の機器も余計な機能がついていたりして結果的に費用が思ったほど下がらなかったという事になってしまいます。

 

その為に、基本となる考え方があります。

 

お風呂のリフォームでかかる費用は大きく5つ!

 

  • ①:解体工事にかかる費用
  • ②:給排水工事にかかる費用
  • ③:廃材運搬処理にかかる費用
  • ④:設置や組み立てにかかる費用
  • ⑤:諸経費

 

①:解体工事にかかる費用とは?

解体工事にかかる費用も解体するお風呂の形式で変わります。

お風呂の形式という言い方はわかりにくいので簡単に言えば、従来型の昔の家のお風呂、今の家のユニットタイプのお風呂と考えていただければ概ね間違いありません。

 

従来型の昔の家のお風呂の解体工事と費用の考え方

施工の流れがわかると、その工程の大変さがわかります。
従来型は、それこそ、その家毎の個別設計になる場合が多いため、ユニットタイプよりも、工程が多くなるために工事の費用としてはやや高い傾向になります。

作業開始としてはまず養生をしっかり行います。これを行わないと作業が行なえません。

養生が終わった後に、次に床や壁のタイルを剥がしていきます。

それが終わったら、浴槽を撤去できる状態にします。

つぎに浴槽を撤去します。

 

浴槽の撤去などが終わったら、天井の造作物の解体に進みます。

浴室のドア枠周りの解体でほぼ骨根組状態となります。

このあたりから、家屋の状態や、どうしたいのか?によって、工程は変わります。

そして、不要となった解体した残骸はその都度、リサイクル業者や、廃材業者などに引き渡すなどして処分します。

 

これがいわゆる在来型の解体の工程になります。

ユニットタイプと比較すると、細かい工程やその時に分かる事なども多いのでその都度熟練した作業員の存在が必要となります。

そういった技術が必要になる場合や工程が多いことが解体へかかる費用が高めになりやすいという事につながります。

 

 

 

ユニットタイプのお風呂の解体工事と費用の考え方

ユニットタイプは、言葉の通り、浴室全体を、プラモデルの様に予め作る為に組み合わされてるセットのような物なのです。

なので、組み立てた逆の手順で取り外して解体していく事になります。

 

大きな工程としては、壁、天井、床、浴槽などをそれぞれバラして行きます。

 

各パーツを外すとすぐに給排水管などがでてきます。

 

古くなったユニットバスでは床の基盤に劣化が見られるケースも多くあります。なので、解体後のリフォームに併せて補修工事を行う事もあります。

 

ユニットタイプの解体も、当然ながら、解体した後にどういう風にするのかであとの工程が変わります。

ここまででもすでに在来型のお風呂よりも、工程がおおくまた技術や経験が必要だったりもします。

その為どちらかと言えば、ユニットタイプの解体のほうが安くなりがちです。

 

 

ちなみに、最近の住宅、アパートや、マンションなどの浴室は、ほとんどがユニットバスタイプです。

なので、マンションの浴室のリフォームでは、当然ユニットタイプなわけですから、在来工法の解体工程があるわけではないので、在来型のような割高な撤去費用が発生する可能性は低いです。

 

余談ではありますが、マンションの浴室リフォームを格安に抑えるポイントは、ユニットタイプの一式についてのパーツのグレードを下げる事が1番値下げ幅が大きくなります。

例えば、ユニットバスは最新のものではなく普及品を選び、予算に合わなければ、本体や部材のグレードを下げたりしてみると、思ったより値段が下がるというのはよくあります。

また、リフォーム会社によって、格安で仕入れることのできるユニットバスメーカーなどが異なるので、施工を依頼するリフォーム会社に尋ねてみるのもよいでしょう。

 

 

②:給排水工事にかかる費用とは?

お風呂のリフォームについては、どういったお風呂にするのか?浴槽の向き、つかうユニットタイプの種類、また在来型で施工する場合でも同じです。

まず、給水管のリフォームを行った場合の費用です。

 

そういった色々な事例から相場を調査してみましたが、おおよそ水道管のみを改修する場合の費用は約10万円~という具合のようです。

(これも上限が無いのは求める箇所やその場所の現状にもよるようです。)

 

また、配管を設置している箇所がむき出しですぐ施工しやすい場所なのか、壁内を通して隠しているのか?によってでも当然かわります。

 

配管についても、いつ、どういった、何をどうするのか?という事があいまいであればあるほど、見積もりの精度はあやふやになり、さらに言えば、予め予算としては高く見積もっておいたほうがいいでしょう。

 

 

③:廃材処理にかかる費用とは?

画像引用:http://www.nihon-harvest.com/works/detail612

ざっくりではありますが、おおよその価格を坪単価調べてみました。

 

内装解体:5,000円~10,000円/坪
ガラスや石膏ボードの撤去、生活用の設備(台所、トイレ、風呂等)の撤去、などについて基本的に手作業で行うため、人件費が高くなります。

また、場所や建物の構造などによって重機解体が必要な時はさらに価格は変動します。

あくまで一般的な坪単価なので、確実な情報はリフォーム会社さんなどに確認してください。

 

④:設置や組み立てにかかる費用とは?

お風呂の設置に関してはユニットバス系なのか、従来工法の重厚なお風呂なのか

 

ユニットバスの設置の場合

 

  1. 排水や給水・給油配管を新しいユニットバスの位置に合わせて設置
  2. ユニットバスの床面を組み立て
  3. 壁面の骨組みを組み立て
  4. 壁面の組み立て
  5. 換気扇の取り付け
  6. 浴槽の取り付け
  7. 鏡やシャワーフックなどの取り付け
  8. 入り口の扉や細部を仕上げて終了

 

 

従来工法のお風呂の設置の場合

 

  1. 浴槽のベースを造り、排水管の位置調整(または排水受けの枡作成)をする。
  2. 浴槽の裏側や床に隠れる部分に木部がある場合は、その部分の防腐処理、と防水処理(アスファルトルーフィング等を貼る)をする。
  3. 浴槽を据え付ける。(浴槽の排水が上手くいくか、ここで確認する)
  4. 洗い場部分と、浴槽部分の土止めを作成する。
  5. 洗い場部分の埋め込み及び転圧を行う。この時洗い場の排水管の位置も調整する。
  6. 床のコンクリートを打設する。(床排水目皿がトラップ付きのものなら、床タイル割との兼ね合いも考え、ここで設置する)
  7. 天井を貼る。(電気配線があれば、貼る前に)
  8. 壁下地の作成(ここでは耐水合板・・コンパネはシックハウス対策上、法的に不可)
  9. 壁の防腐処理(クレオソートは臭いがきつすぎるので、他の物が良い)をする。
  10. 壁にアスファルトルーフィングを貼る。これが壁の防水層になります。(軽いアスファルトフエルトは、安いが劣化しやすい)
  11. ラスを貼る。
  12. 壁のモルタルを塗る。
  13. 腰上壁の塗装をする。
  14. タイル割をきめ、腰タイルを貼る。(入り隅、浴槽や床の縁の目地は詰めない)
  15. 床のタイルを貼る。壁際の目地は詰めない。
  16. 壁際、浴槽際等のシーリングを行う。
  17. 水栓、照明、換気扇などの器具付けをする。

SEO対策 福岡

 

⑤:諸経費とは?

見積もりを出す会社によって、諸経費や、手数料、雑費などという表記などで出されて内訳があまりわかりにくい所があります。
これは、いわゆる人件費や、打ち合わせに出る、ガソリン代や、直接物や作業として後に残る物以外の経費である場合がほとんどです。

 

 

以上金額を安くするために予め知っておくリフォームの工程の紹介でした。

基本的にこういう事を知らずに全部丸投げにすればするほど、費用は高いくなりがちです。

ですが、知らずにアレコレ言うと失敗の原因にもなります。

 

必要なのは、現状のこういった事を知っておいてその上でリフォーム会社さんと話をして、ん?と思った時にすぐ聞ける、気づくようにしておく事です。

 

 

とまぁいろいろありますが、知っておいた方がいいんですが、北九州でリフォーム業を行っているこちらではそういった事も含めて相談できますよ。

北九州のリフォームならルームビット